血小板プラズマジェルによるバストアップ

プラズマジェルとは

プラズマジェルは、血漿に含まれる少血小板血漿(PPP)にALSAシステムという特殊な装置を使用し PPPに含まれるタンパク質に熱変性を起こしてジェル状にしたものです。
血液は55%の液体(血漿)と45%の血球(赤血球など)で構成されています。 血小板注入療法に使用するPRP(多血小板血漿)とプチ豊胸に使用するPPP(少血小板血漿)は、 どちらもその血漿に含まれています。
図のようにPPP(Platelet -Poor Plasma)は血液を分離した際の上澄みとなります。

ヒアルロン酸の注入でプチ豊胸をするクリニックが多いですが、ヒアルロン酸の場合完全に吸収されず、しこりとなって残ってしまうケースがあります。
その点プラズマジェルによるプチ豊胸は完全に吸収されますので、そうした心配がありません。
バストアップの持続期間は個人差がありますが、3ヶ月~1年です。

なので、プチ豊胸をするなら血小板プラズマジェルの方がおすすめですね。

血小板プラズマジェルによるバストアップは、注入器によるバストアップですからより経験のある先生こそキレイなバストに仕上げてくれるのは間違いないのですが、では、その先生って誰?? ってなると。

脂肪注入のエキスパート池田ゆう子クリニックの池田先生ではないでしょうか。

脂肪注入とは、自分の身体にある余分な脂肪を吸引し、それをバストに注入する方法です。
自分体内にある脂肪をバストへ利用するので、同質の脂肪が注入されるため、不自然な硬さもなくレントゲンにも写りません。
大学病院においても、身体の余分な脂肪を取り出し、胸に注入して乳房を大きくする治療をおこなっているように、安全性も高く評価されている手術方法です。
これを何年もエキスパートとして行っているのが池田ゆう子先生です。
注入物が、ご自分の脂肪ではなく自分の血液(血小板プラズマジェル)に変わってはいますが、注入する際のコツは同じ。
であれば、これまで脂肪注入のエキスパートとして実績を積んできた池田先生に一度相談してみた方が良いですね。

医院名:池田ゆう子クリニック
院長:池田優子先生
所在地:東京都渋谷区神南1-11-1市野ビル8F
TEL:0120-037-637